宇都井駅公園

いわみんいわみん

旧宇都井駅は1975年8月31日、国鉄が三次(広島県三次市)~江津(島根県江津市)で建設を進めていた三江線の駅として、全線開業に合わせて開設。116段を登った先、地上から20mの高さにホームがあり「天空の駅」とも呼ばれていました。2010年からは駅や周辺をLEDでライトアップする「INAKAイルミ」が始まりました。しかし、過疎化の中で三江線の利用者数が伸び悩むなどし、18年3月31日、全線廃止に伴って惜しまれながら営業を終えました。

その後地元の邑南町が19年7月1日、廃止後の地域振興と環境保全を目的にJR西日本から無償譲渡を受け、21年4月1日「邑南町三江線鉄道公園・宇都井駅公園」として整備し、一般開放しました。

 

階段の最上階まではいつでも無料で登れます

ホームにはイベント日のみ入れます

 

(建設中の宇都井駅。撮影・三上茂)

 

(田植え前後の時季のみ楽しめる「逆さ宇都井駅」)

 

(JR廃止後も続いているINAKAイルミ)

 

(最終運行日には花火が打ち上がりました)

 

住所・島根県邑南町宇都井1044

交通・おおなんバス「宇都井駅」下車すぐ(平日土曜のみ羽須美中学校まで運行・本数が少ないためあらかじめ時刻表をお確かめください)